睡眠薬の過剰摂取で不眠症状の悪化を招く危険がある

なかなか眠れなくて悩んでおり、睡眠薬を使いたいと考えている人もいるかもしれません。
最近ではドラッグストアでも市販の睡眠薬も手軽に購入できるようになっており、以前に比べて身近な存在になりつつあります。
睡眠薬を使用すると最初はよく眠ることができるため、もっと早く試せば良かったなどと考える人もいるかもしれません。
しかし、ドラッグストアで買える市販の薬は睡眠改善薬に分類されるものであり、強制的に眠くなる状態を作るためのものとなっています。
そのため一応眠ることはできるのですが、睡眠の質は悪い場合がほとんどです。
つまり市販の睡眠薬を飲んでも根本から睡眠障害を改善できるわけではないのです。
また、最初は1錠でも眠れるかもしれませんが、少しずつ薬に体が慣れてしまうため、飲む量を増やさないと効果が出なくなってしまいます。
最終的には睡眠薬がないと眠れなくなってしまうケースもほとんどですし、手軽に購入できる市販薬であっても副作用の可能性があるので注意しましょう。
睡眠薬はなぜ眠くなるのかということですが、脳に対して強制的に中枢神経を鈍らせる働きかけをするためとなっています。
つまり薬の力で脳を停止させるということであり、あまり良くないことだと分かるでしょう。
使い続けることで依存性が強くなり、睡眠薬なしで眠れなくなってしまうということはもちろん、薬なので腎臓や肝臓にも負担がかかってしまいますし、脳を停止させる働きによって倦怠感ややる気が出ないなどの副作用が起きてしまうこともあります。
また、体に薬の成分が蓄積されることで発症する病気もあるため、飲み続けることはあまり良くないと言えます。
軽めの睡眠薬で短期的な治療として使う場合は良いのですが、常用はしないように気をつけましょう。

睡眠薬を服用していると徐々に量が増えていく危険性が

睡眠薬は寝つきが悪い、中途半端な時間や早朝に目が覚めてしまう、ちょっとした物音などで起きてしまうというような睡眠障害のための薬です。
服用することで睡眠にすっと入ることができたり、長時間の熟睡ができるようになるため、睡眠障害で悩んでいる人には欠かせない薬になっています。
しかし、「睡眠薬は癖になる」と言われていて、一度飲み始めるとすっぱりとやめることが難しくなってしまう人が多くいます。それはなぜなのでしょうか。
睡眠薬はあくまで薬のため、他の薬同様に飲み続けることで身体に耐性ができてしまいます。
耐性ができてしまうと今まで飲んでいた量では眠れなくなってしまうため、徐々に睡眠薬の服用量が増えてしまいます。
また、薬が増えることがないとしても、徐々に耐性ができてしまうと強い薬がなければ眠れなくなってしまうのです。
飲み続けていくことで「睡眠薬がなければ眠れない」という不安感からさらに睡眠薬を必要とする依存症に陥ってしまう可能性もあります。
依存症になってしまうとそこから抜け出すのはとても難しく、マリファナ中毒よりも大変だとも言われているほど強い依存性があります。
また、眠れないからといって服用量を守らずに睡眠薬を飲んでしまったり、アルコールと一緒に飲むことで、眠るまでの間に何をしていたのか覚えていなかったり、呼吸障害などが起こる可能性があります。
眠りたくとも眠れないのはつらいものです。
睡眠障害の場合には、睡眠薬が睡眠の手助けをしてくれることには間違いありませんが、それだけに頼り切ってしまうのも良くありません。
まずは自分の睡眠障害の理由を探り、また日常生活の中で睡眠のために効果的だと言われる食事や運動も試してみるようにしましょう。

睡眠薬の副作用とは

眠いのに眠れない、しっかりと眠ることができない、安眠できない、などといった時に便利な睡眠薬ですが、どんな薬でも服用する時に気になるのが副作用です。
睡眠薬の場合は特に「強い副作用が出るのではないか」と不安に思われている方も多いのではないでしょうか。
睡眠薬の副作用として考えられるのは頭痛やめまい、ふらつき、脱力感、疲れなどがあります。
また消化器系の働きが悪化して食欲不振や腹痛、嘔吐、下痢などが怒ったり、唾液の分泌量が減って喉が渇くという症状も見られます。
呼吸が浅くなったり、免疫の低下によって病気にかかりやすくなる可能性もありますし、肌荒れや湿疹、視覚障害や味覚障害、性欲の低下なども副作用として考えられます。
また妊娠中の女性が常用すると、睡眠薬の種類によっては胎児に影響が出る恐れもあります。
さらに上記のような身体に表れる副作用だけでなく、精神面にも副作用が及ぶ事も考えられます。
薬の効果が切れる事で気持ちが不安定になったり、記憶がない状態で大きな問題を起こす様なケースもありますね。
服用を続けることで徐々に身体が慣れていき、より多くの薬を飲まなければ効果が得られなくなる事も多く、また服用を止めたいと思ってもなかなか止めることができない高い依存性もあり、これらも睡眠薬の副作用の一つと言えるかもしれません。
非ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤は比較的副作用が少ないと言われていますが、それでも服用する際には十分な注意が必要です。
睡眠薬は上手く活用すれば安眠を得る事ができますし、それによって精神的な安定も期待できるかもしれません。
しかし利用する場合には上記のような様々なリスクがあるという点は覚えておく必要がありますね。

★まずは通販で睡眠薬の効果を実感してください
睡眠薬 通販
★おすすめの睡眠導入剤で体内時計を整えましょう
メロセット

ページトップへ