睡眠薬としてのデパスの覚醒

睡眠障害や、精神的に不安な人などが心療内科や精神科にいくとよく処方されるのがデパスです。
そのために、一部の人の間ではとても有名な薬になっています。
ただ、デパス自体は、睡眠薬ではなくそれよりも精神を安定させイライラや不安を緩和していくものです。
しかし、デパスの成分は睡眠薬としているものとほとんど変わりはありません。
その睡眠薬との違いは、副作用として眠気の強い物が睡眠薬になり、副作用の少ない物が精神安定剤となります。
そのデパスの覚醒は、睡眠障害の一つである途中で目が覚める中途覚醒ではありません。
デパスの場合の、覚醒とは緊張を和らげ気持ちが落ち着き体も心もスッキリとすることです。
睡眠障害になると、体や心は無意識の間に緊張しています。
そして、心も理由もなく不安になったり気持ちがイライラすることもでてきます。
この症状を、精神安定剤であるデパスで抑えることで気持ちが落ち着きます。
そのために、軽い症状の睡眠障害ならデパスを服用することで眠りにつくことができます。
また、デパスの副作用として眠気を誘うことがあります。
心療内科では、軽い不眠の場合にはこちらを精神安定剤と睡眠薬を兼ねて処方することはよくあります。
覚醒も、心配するものはなく気持ちがスッキリするだけのものです。
睡眠障害も、軽いものなら薬を服用することで体に暗示効果がでて眠りができることはよくあります。
ただ、これらは軽い睡眠障害の場合です。
そのために、これらで睡眠障害が改善できるのなら不眠の症状は軽いものだということです。
軽い薬で、不眠を改善したいと考える人にもおすすめのものです。
ただ、睡眠障害を完治するには生活習慣から改善する必要があります。

ページトップへ