睡眠薬と抗うつ剤の処方について

睡眠薬と抗うつ剤の処方は患者の話に耳を傾け、慎重に行う事が大切です。安易に処方した場合、その患者に副作用が出て病気を完治させるまでに多くの時間を費やす事になります。睡眠薬と抗うつ剤は相手の状態を見ながら慎重に出す事が重要です。
睡眠薬と抗うつ剤の処方は出来る限り短期間で終わるようにした方が良いです。長期間にわたってこれらの薬を服用すると依存症に苦しむ事になるからです。本来の病気の悪化や新たな病気の発生に苦しむ事になるので長期間にわたっての服用は危険です。
長期間にわたっての服用は危険ですが、急に薬を止める事は良くないです。これらの薬を急にストップした場合、心身のバランスが崩れ、病気の再発を招く恐れがあるからです。処方する医師は減薬を重視しながら処方した方が良いです。いきなりすべてやめてしまう事は患者の心身に大きなリスクをもたらすので避けた方が良いです。
患者から睡眠薬、抗うつ剤の使用を中止したいという申し出があるケースもあります。しかし、安易に患者の言葉を受け入れ服薬をストップするのではなく、患者とより多くのコミュニケーションを取りながら薬との付き合い方を決める方が良いです。極端な動きは患者の心身にとって良くないので注意が必要です。
睡眠薬や抗うつ剤の処方は患者の家族等から話を聞く事も重要です。本人が自覚していない部分をその話し合いから知る事が出来るからです。より良い服薬状況を構築するためには本人だけではなく、その家族等から話を聞く事も大切です。
睡眠薬や抗うつ剤は正しく処方すれば体に害はなく、病気の改善につながります。しかし、あやまった使い方をすると生命の危険もあります。医師はこのような環境を作らないようにする事も大切です。

ページトップへ